郡山美容室 脱税の美容研究家に有罪判決 「健全な納税意識を欠く」 東京地裁

経費水増しなどで所得を隠して法人税約1億7千万円を脱税したとして、法人税法違反の罪に問われた化粧品製造・販売業「トリプルサン」社長、多田美希被告(39)の判決公判が3日、東京地裁で開かれた。山田直之裁判官は多田被告に懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)、法人としての同社に罰金4300万円(同罰金5300万円)を言い渡した。

 山田裁判官は脱税の手口について「知人らに水増しした請求書の作成を依頼したり、勤務実態のない知人に給料を支払ったように仮装したりした」と指摘。「身勝手で、健全な納税意識を欠いている」と非難した。一方で「延滞税の一部などを除く追加納付を行っている」などと執行猶予の理由を述べた。

 判決によると、多田被告は販売促進費を水増しするなどの手口で、平成21年3月期までの3年間で所得約6億1200万円を隠し、法人税計約1億7900万円を免れた。

 性別適合手術を受けている多田被告は「岡江美希」の名前で、美容研究家としてテレビなどに出演。講演のほか、「美人肌のヒミツ」「美肌の真実」などの出版で女性の人気を得ている

会津若松美容室シンジュラー
[PR]

by s_biyou | 2011-06-17 18:06 | 郡山美容室